亀忠について

亀忠の歩み

創業140年、笑顔を贈り続けることの追求

笑顔を贈り続ける

【明治3年】創業

明治3年、初代大橋忠七が亀甲屋忠七(きっこうやちゅうひち)の屋号で名古屋の大津町(現在の名古屋市中区丸の内3丁目4番地辺り)の地で創業した。

初代の大橋忠七が尾張から京都への丁稚奉公に出たあと、尾張地方に戻り、株式会社亀忠の前身の精練製糸工場の亀甲屋忠七をはじめた。

生業(なりわい)

亀甲屋忠七は、絹糸を精練し、製糸した上で着物の襟に使用する奥裏の生地を反物にすることを生業としていた。

【昭和25年】移転

3代目大橋忠七の時代に第2次世界大戦で空襲にあい、建物の被害を受けたのを機に、現在の地 名古屋市北区深田町2
(現在の名古屋市北区清水3丁目3-7)に移転する。

精練製糸の生業だけでなく、このころより天然繊維の絹以外の化学繊維も増えたこともあり、多くの素材をカットし反物にする業務なども並行して行っていた。

【昭和36年】転業

3代目大橋忠七が亡くなると、4代目大橋忠泰が金融機関向けの記念品、ノベルティなどの販促品の販売卸を始める。
時代のニーズに合わせた法人向けに記念品、ノベルティ商品の商売に次第に転換を図る。

【昭和37年】法人化(合資会社亀忠 設立)

合資会社亀忠を設立し、ノベルティ記念品など広告宣伝用品の販売卸を業務とし、法人化する。

【昭和42年】現社屋完成

現在の社屋となる

金融機関向け頒布品販売業

主に東海地区の金融機関向けに販促品を販売し、家庭用消耗品など日用雑貨に至る商品を取り扱い、金融機関に納める。

4代目大橋忠泰急逝

平成8年3月 4代目の大橋忠泰が急逝し、代表社員に大橋美代子が就任する

【平成20年】オリジナルブランド COCOLOの販売開始

オリジナルブランドのCOCOLO(こころ)より風呂敷でラッピングした商品和WRAPの販売開始する。
引出物、引き菓子などをオリジナルBOXでセットしたオリジナル引出物を企画販売を開始する。

【平成23年】5代目 大橋史忠 代表取締役就任

7月、株式会社へ組織変更とともに、大橋忠泰の長男の大橋史忠が代表取締役に就任し現在に至る。

ECOへの取り組み

ECOへの取り組み

『世の中に笑顔を贈り続ける』の理念の下、笑顔を贈り続けるために、人にも地球にもやさしい活動を続けていきます。

新しいブランドCOCOLO(ココロ)のコンセプトはそんな想いの下で、企画し商品創りをしております。
一人ひとりが少しでも何かをすれば大きな力になります。
亀忠の活動はほんの小さなことかもしれません。
弊社(社員全員)が地球環境を考えた行動を普段から心がけ、そして商品に想いを込めていきます。
そんな想いが世の中に少しづつでも伝わればと思っております。

ページ先頭へ